ワイングラスをかたどった「vin amour」のロゴマーク

直訳「ワインへの愛」という店名の通り、

グラスの種類や形状について幾度も検討を重ねました。

フランスのディド氏によって 作されたフォント「Didot」をベースに、 女性的な上質感をイメージし、ロゴマークとの調和を意識したシンプルなロゴです。

Logo mark of "vin amour" shaped like a wine glass

As the name of the store literally "love for wine",

We have repeatedly examined the types and shapes of glasses.

Based on the font "Didot" produced by Mr. Dido of France,

It is a simple logo with an image of feminine quality and in harmony with the logo mark.

01.jpg

エントランス

ドイツ原産の石「ジュライエロー」を一面に使用しています。

その名の通り、ジュラ紀を起源とする黄色系のダイナミックな石灰岩です。

石職人さんの粋な心遣いもあり、

エントランスサインの上部にはアンモナイトの化石が見られます。

水磨きといわれる光沢の少ない仕上げ方を選びました。

サインを照らす柔らかい光と相まって、上品な雰囲気を醸成しています。

Entrance

The stone "Jura Yellow" originally from Germany is used on one side.

As its name implies, it is a yellowish dynamic limestone of Jurassic origin.

There is also a smart consideration of the stone craftsman,

Ammonite fossils can be seen above the entrance sign.

We chose a less glossy finish called water polishing.

Combined with the soft light that illuminates the sign,

it creates an elegant atmosphere.

ディスプレイウォール

エントランス通路には、煌びやかに光るボトルディスプレイガラスを斜めに使用することで、連続性と視認性を演出。

背面には「ジュライエロー」を使用しています。
エントランスの仕上げとは異なり、本磨きといわれる仕上げにすることで、艶やかな雰囲気を創り出しています。

Display wall

A glittering bottle display in the entrance passage
By using the glass diagonally, continuity and visibility are produced.

 

"Jura Yellow" is used on the back.
Unlike the finish of the entrance, by making it a finish called main polishing, It creates a glamorous atmosphere.

02-01.jpg
02-02.jpg
03.jpg

カウンターバックを望む

エントランス越しに見えるカウンターバックは、前を通るお客様にも、あの席で過ごしてみたいと感じて頂けるような雰囲気を演出しました。

Follow counter back

The counter back that can be seen through the entrance is For those who pass in front of us, we want to spend their time there I created an atmosphere that you can feel.

バーカウンター

ワインの一大産地である地中海のもつ穏やかな雰囲気を表現しています。
洞窟をイメージした左官仕上げの天井で高さを抑え、
淡い光にぼんやりと包まれた幻想的な雰囲気を醸し出しています。

Bar counter

It expresses the calm atmosphere of the Mediterranean, a major wine producing region. The ceiling is plastered to resemble a cave, keeping the height down.
It creates a fantastic atmosphere dimly wrapped in pale light.

04.jpg
05.jpg
05-2.jpg

カウンターバックの灯り

照明部分に型ガラスを被せることで均質な光をあえて崩し、
ゆらゆらと今にも動き出しそうな、洞窟内にひろがるロウソクのような灯りを表現しました。

曲面への左官が難しいといわれる中、左官職人の技術もあり 幻想的なカウンターとなっています。

Counter back light

By covering the illuminating part with a mold glass, it intentionally breaks down uniform light, A candle-like light that spreads inside the cave, which seems to start moving, is expressed. While it is said that plastering on curved surfaces is difficult,
there are also techniques of plasterers
It's a fantastic counter.

カウンター

天然とは思えない鮮やかな朱色をもった「アフリカンパドック」
最長 8m を超える無垢一枚板を L 型に据えました。
原産地はアフリカですが、現在は国規制により入手がほぼ不可能といわれる希少種になります。 心材の朱色と辺材の白色が織りなす装飾的な模様は、
赤ワインと白ワインを表現した当店にふさわしいカウンターに仕上がりました。
経年変化による味わいの変化もお楽しみ頂ければ幸いです。

Follow counter back

"African Paddock" with a bright red color that does not seem natural
A solid single plate with a maximum length of more than 8m is installed in the L shape. The place of origin is Africa, but now it is a rare species
that is said to be almost impossible to obtain due to national regulations. The decorative pattern woven
by the red color of the heartwood and the white color of the sapwood,
The counter is suitable for our shop that expresses red wine and white wine.
We hope you can enjoy the change in taste over time.

06.jpg
07.jpg

カウンターサイド

店内カウンターサイドの壁一面には
エントランス同様、ドイツ原産の石「ジュライエロー」が施されています。 高さ 3m を埋め尽くした石壁は見所となっています。

Counter side

07-2.jpg

On the wall of the counter side in the store
Like the entrance, the stone "Jura Yellow", which is native to Germany, has been applied. The stone wall that fills the height of 3 m is a highlight.

個室席

最大 5 名様が座れる個室をご用意しております。
赤味が特徴のイタリア産大理石「ロッソマグナボスキ」を壁一面に使用し、カウンターサイド一面の「ジュライエロー」と対比させることでカウンター無垢板と同様に赤ワインと白ワインに見立てています。

グランドオープン間近まで検討を重ねて決定した左官壁

貫禄あるアンティークな空間でおくつろぎ下さい。

Private room seat

We have a private room for up to 5 people.
Using the Italian marble "Roso Magna Boschi", which has a reddish color, on the entire wall, By contrasting with "Jura Yellow" on the counter side
Like the solid counter, it is likened to red and white wines.

A plastering wall that was decided after repeated examination until the grand opening Please relax in the dignified antique space.

08.jpg
08-2.jpg
09.jpg
09-2.jpg

店舗を仕切る窓ガラスには、
2種類の異なった型ガラスを用いることで奥行き感が表現されています。

Windows

On the window glass that divides the store,
The feeling of depth is expressed by using two different types of glass.

10.jpg
11.jpg